プロミス 契約機

今日の借り入れを考えるならプロミスの契約機でカード受け取り

カードを作るだけなら年会費などがかからないのが利点

プロミスは借りれば返済時に利息の支払いがありますが、借りなければ費用は一切かかりません。プロミスの申し込みや契約においては入会金や年会費といった余計な費用は不要となっており、借りた際の利息の他には契約における費用はありません。

 

提携ATM利用時のATM手数料などの負担はありますが、これもインターネット経由での借り入れやプロミスATM、三井住友銀行ATMの利用などで削減ができます。削減ができない費用としては利息だけとなるので、カードを持っているだけで利用をしていない状態であれば何ら費用は発生しないのです。

 

使いもしないならプロミスのカードを持っている意味がない、そもそもカード自体が不要と感じる方もいるかもしれませんが、お金はいつ必要になるかは分かりません。急に必要になってもプロミスが対応できる時間外であった場合にはどうにもならなくなってしまいます。

 

プロミスでは契約機を使ったカード受け取りなら22時まで対応をしていますが、22時を過ぎてからお金が必要になっても当日にプロミスでは借りられません。しかし、事前に契約をしてカードを受け取っているのであれば、手元のカードでATMの利用可能時間内なら限度額の範囲内でお金がすぐに借りられます。

いつ必要になるか分からないお金への備えとしてカードを持っておくのはプロミスの良い契約の方法と言え、入会金や年会費がかからないからこその使い方です。カードの受け取りが行える契約機の設置地域が多く広いのもプロミスの良さであり、沖縄県などの離島であってもhttp://www.cashing-g.com/okinawa/okinawa.htmlのように那覇市以外にも契約機が設置されています。

 

カードを直接プロミスの契約機に受け取りに行けば後日の郵送物もなく契約が行えるので、知られずにプロミスの契約を進めたい方にもおすすめです。まずはネットで申し込みを行い、審査通過後に近くのプロミス契約機でカードを受け取ると良いでしょう。